今月、米国防総省がどうしても確認できない飛行物体(UFO)があるとし

その映像を公開したことをうけ.我が国の河野防衛相も

今まで自衛隊のパイロットはUFOに遭遇したことはないようだが

万が一遭遇したときの手順をしっかり定めたいと述べた

当の河野大臣はそういうものを信じていないという

しかし民間機 自衛隊機、問わずかなりのパイロットが

あたりまえのようにUFO遭遇してきていると思っている

中国と台湾の間に台湾海峡というところがある

そこは多くのパイロットが目撃する場所だそうです

ただそういう事を上に報告してしまうと、何をいってるんだとお叱りをうけたり

黙殺され、精神を疑われたりする為に言わないだけであって・・・

今後そういう物を見たパイロットが報告しやすい環境になれば

バラエティーでない普通のNHKニュースで報道される日が来るかもしれません。