僕の会ったこともないもう一人の親父さんが亡くなった

昨年あたりから覚悟はしていました

実の父とは幼少期より微妙な距離感があり

その近寄りがたい関係のせいか求める家族像というのが

よくわからないまま大きくなりました

そんな中、中学時代に『北の国から』という

テレビドラマに出会いました

ビタハマりした訳です

あの空気感 人間臭さ やさしさ いやらしさ 

失敗 挫折 恋 空騒ぎ 虚しさ 喜び 悲しみ 

あたたかさ 強さ 弱さ 嘘 儚さ

火や水や電気、お金や家のありがたさ 自然の驚異

家族のあり方 幸せのあり方

ほんと色々な事をここから学んだような気がします

純と歳が近いこともあり

完全に感情移入して見ていたわけで・・・

五郎さん・・・

僕の中では架空の人物ではなく

本当にいろんな事を教えてくれた親父さんです

感謝しています ありがとうございます

僕のもう一人の父さん・・・