平昌オリンピック
銅メダルの重さをかみしめ
素直に喜んでいた高梨沙羅さん

金じゃないと意味がないような事を
言っている選手がいますが
銀・銅を素直に喜び感謝できない人に
金は相応しくないと僕は思います
 
高梨選手の
写真撮影時のエピソード

カメラマンからは、メダルを持つ高梨を
仲間の3人が後ろから指を差すという
構図のリクエストがあった。
しかし、高梨は「それは…」とやんわり断り
4人で肩を組むショットに変更された。

その意図について高梨は
「私だけのメダルじゃないし
、みんなで獲ったメダルなので、
私を囲んでみんなが指を差すのはおかしい」と
自身だけが“主役”じゃないと強調。
「みんなで獲ったんだぞと応援してくれる
皆さんに見てもらうのが1番なので。
カメラマンさんもこのポーズが
ベストだと思って要望していただいたが、
申し訳ないが私はそれはできないので、
失礼ながら断らせていただいた」と丁寧に説明した。

こんな人に勝利の女神が微笑んでほしい。。。