UFO(未確認飛行物体)に自衛隊機が遭遇した場合の対処方針について、防衛省は近く決定する見通し。 河野防衛相「(UFO)対処方針については、もうまもなくでございます」 河野防衛相は8日、自衛隊機がUFOに遭遇した場合の撮影や報告の手順に関する対処方針を近く決定すると明らかにした。 4月にアメリカ国防総省がUFOの可能性がある映像を公開したことを受けて、防衛省が対処方針の検討を進めてきた。 河野防衛相は、8月のエスパー国防長官との会談でもUFOへの対応が話題になったとして、日米で連携していく考えを強調した。